台風19号被災に伴う長野エリアの鉄道運行状況 10月24日以降の計画

ニュース画像:あずさ - 「台風19号被災に伴う長野エリアの鉄道運行状況 10月24日以降の計画」
あずさ

©JR東日本

JR東日本長野支社は、台風19号の影響に伴う2019年10月24日(木)以降の各線区の運転の計画を公表しました。同社では、台風19号の影響により、現在も一部区間で運転見合わせが続いています。今後の運転計画については、変更となり次第、公表するとしています。

■10月24日(木)以降の計画運転
<特急列車>
・特急あずさ号 終日運転見合わせ
・特急ワイドビューしなの号 通常どおりの運転
※特急あずさ号は10月末頃の運転再開予定(神奈川県内での線路の復旧作業等のため)

<普通・快速列車>
・信越線(篠ノ井~長野間)、大糸線 通常どおりの運転
・篠ノ井線、中央東線(篠ノ井~小淵沢間) 通常どおりの運転
※小淵沢~相模湖間は運転本数を減少
※相模湖~高尾間は1時間間隔での折り返し運転

・小海線 小諸~小海間 通常どおり運転
※野辺山~小淵沢間は運転本数を減少
※小海~野辺山間は11月上旬頃の運転再開予定(線路の復旧作業等のため)

・飯山線 戸狩野沢温泉~越後川口間で運転
※戸狩野沢温泉~十日町間で運転本数を減少
※10月26日(土)始発より全区間運転再開予定

・しなの鉄道線 長野~上田間、田中~軽井沢間で運転
※長野~上田間は一部列車に運休
※田中~軽井沢間の一部列車に運休や行先変更

・北しなの線 長野駅~妙高高原間で運転
※長野から飯山線直通となる列車は運転見合わせ

・その他 長野支社管内を走行する「のってたのしい列車」は当面の間、運転を見合わせ
※HIGH RAIL 1375は11月上旬頃まで、上下線の全ての区間で運休
※おいこっとは11月下旬頃まで、上下線の全ての区間で運休
※リゾートビューふるさとは10月25日(金)~10月27日(日)の期間、上下線の全ての区間で運休

期日: 2019/10/24から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ