のせでんアートラインの会期中、シェアサイクルサービスの社会実験を実施

能勢電鉄、兵庫県、大阪府、川西市、猪名川町、豊能町、能勢町、宝塚大学で構成される「のせでんアートライン妙見の森実行委員会」は2019年11月24日(日)まで、Open Streetが提供するシェアサイクルサービス「HELLO CYCLING」を利用した社会実験を実施しています。

これは、のせでんアートライン2019の会期中、この地域のシェアサイクルの有用性などを検証するために実施されているもので、メインエリアに4カ所のサイクルポートを設置し、電動自転車によるシェアサイクルを展開しています。地域の方も利用可能です。

利用料金は、10月31日(木)までは15分60円で24時間最大1,000円、11月1日(金)から11月24日(日)までは、15分70円で12時間最大1,000円です。なお利用には、事前に会員登録が必要です。

■サイクルポート設置箇所
・大阪府(2カ所)
妙見口駅前駐輪場、けやき資料館
・兵庫県(2カ所)
妙見の森ケーブル黒川駅、知明湖キャンプ場

期日: 2019/10/26 〜 2019/11/24

ニュースURL

路線、駅など、すべて自動集計!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ