台風19号で被災の両毛線と八高線、運転再開は11月中旬から下旬ごろ

ニュース画像:両毛線 - 「台風19号で被災の両毛線と八高線、運転再開は11月中旬から下旬ごろ」
両毛線

©RailLab ニュース

JR東日本高崎支社は2019年10月30日(水)、台風19号の影響により運転を見合わせている、高崎支社管内の吾妻線、両毛線、八高線の一部区間の運転計画と見通しを公表しました。

吾妻線では、長野原草津口~大前間の運転再開について相当期間要する見込みとしており、同区間ではバスによる代行輸送を実施しています。

両毛線では、岩舟~栃木駅間は11月中旬の運転再開を見込んでいます。佐野~栃木間で代行バスを往復運転していますが、岩舟駅には停車しません。岩舟駅を利用する場合には、佐野駅でのバスの利用を案内しています。高崎~岩舟間では始発からほぼ時刻表通りに、栃木~小山間ではほぼ通常の運転本数の特別ダイヤで運行を行っています。

八高線では、北藤岡~寄居間は11月下旬の運転再開を見込んでいます。同区間では代行バスを運行しています。高崎~北藤岡間と寄居~高麗川間では通常より運行本数を減らして運行が行われています。

ニュースURL

あなたの貴重な写真、後世にのこしませんか?

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ