JR大崎駅、エキナカに手軽に出店できる新型ポップアップストアオープン

ニュース画像:SUKIMA STOREイメージ - 「JR大崎駅、エキナカに手軽に出店できる新型ポップアップストアオープン」
SUKIMA STOREイメージ

©JR東日本スタートアップ

JR東日本リテールネットとCOUNTERWORKS(カウンターワークス)は、2019年11月5日(火)からJR大崎駅構内で、EC事業者、クリエイター、アーティストなどのリアル店舗出店促進を目的としたエキナカ新型ポップアップストア「SUKIMA STORE」を展開しています。

ポップアップストア「SUKIMA STORE」は、駅のデッドスペース「SUKIMA」を活用したもので、決済を交通系ICカードやクレジットカードなどに限定した、キャッシュレス店舗です。

「SUKIMA STORE」の導入により、これまで催事等を行うことが困難だったデッドスペースの有効利用ができるほか、事業者の駅構内への出店コストや出店にかかる時間を抑えることが可能となるため、新たなビジネス機会やフィールド創出が期待できるとしています。

第一弾として、ECで人気の女性向けの貼るネイル、2019年に立ち上がった抹茶ブランド、ECで販売するカカオバター由来のスキンケアアイテム、EC宅配食材ブランド発のスイーツなど、ECサイトやクリエイター、アーティストの人気商品が取り扱われています。今後の出店者は、「SHOPCOUNTER」のウェブサイトで募集中です。

期日: 2019/11/05から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ