東北・北海道・北陸新幹線グランクラスの軽食、12月に新メニュー

ニュース画像:北陸新幹線下りの軽食メニュー - 「東北・北海道・北陸新幹線グランクラスの軽食、12月に新メニュー」
北陸新幹線下りの軽食メニュー

©JR西日本

JR東日本、北海道、西日本とJR東日本サービスクリエーションは、2019年12月1日(日)から、「グランクラス」軽食に新メニューを提供します。対象は東北・北海道新幹線と北陸新幹線「グランクラス」のアテンダントが乗車する全ての列車で、地域の魅力を感じられる軽食で新メニューが用意されます。

新たなメニューのテーマは「冬味紀行」で、2020年3月で開業5周年を迎える北陸新幹線では「蟹」や「春子」、東北・北海道新幹線では北海道の代表的な食材である「鰊」や「数の子」、東北の「鰤」など、冬ならではの味覚を盛り付けます。

この冬メニューは、東京・神宮前で完全予約制の⽇本料理「⼀凛」店主の橋本幹造さんが監修しています。北陸新幹線の下りでは、紅ずわい蟹酢〆、春⼦酢〆、⼩肌酢〆、いくら醤油漬など、上りは北陸産鰤⻯⽥揚げ、春⼦酢〆、海⽼酢〆、数の⼦などで、いずれも⽯川県産の奥能登「棚⽥⽶コシヒカリ」による酢飯を使用しています。

東北・北海道新幹線の下りは梅煮とオイルサーディンの鰯、いくら醤油漬、数の⼦、上りは新函館北⽃駅と新⻘森駅の午前始発が鰊棒煮、鰆幽庵焼、数の⼦で宮城県産の「だて正夢」などの白飯が添えられています。また、新⻘森駅の午後始発と盛岡駅始発は三陸産、鰤照焼、いくら醤油漬、切り昆布佃煮、「だて正夢」を使った牡蠣飯が添えられています。

茶菓子は、ホテルメトロポリタンエドモント総料理⻑兼「TRAIN SUITE 四季島」の料理監修を務める岩崎均さんが手がけました。加賀棒ほうじ茶のパウンドケーキは、お茶の茎を焙じた「加賀棒ほうじ茶」の⽢く⾹ばしい⾹りを⽣かし、すっきりと切れある⽢さと⼼地よい苦みを楽しめます。

期日: 2019/12/01から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

  • ニュース画像:北陸新幹線下りの軽食メニュー

    北陸新幹線下りの軽食メニュー

    ©JR西日本

  • ニュース画像:北陸新幹線上りの軽食メニュー

    北陸新幹線上りの軽食メニュー

    ©JR西日本

  • ニュース画像:加賀棒ほうじ茶のパウンドケーキ

    加賀棒ほうじ茶のパウンドケーキ

    ©JR西日本

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ