築城基地航空祭、JR九州が臨時列車 特急は築城駅に臨時停車

ニュース画像:ブルーインパルス - 「築城基地航空祭、JR九州が臨時列車 特急は築城駅に臨時停車」
ブルーインパルス

©U.S. Marine Corps photo by Cpl. Aaron Henson

JR九州は、2019年12月8日(日)に福岡県築城町の航空自衛隊築城基地で開催される「築城基地航空祭」にあわせ、臨時列車を運行します。築城基地は、日豊本線の築城駅から徒歩7分の場所にあり、列車の大増発や割引切符を発売します。

特急列車は、下りが小倉発6時39分の「にちりん3号」から小倉発17時8分の「ソニック39号」まで、上りが大分発5時56分の「ソニック4号」から大分発16時45分の「ソニック46号」までに運行されるすべての特急「にちりん」「ソニック」「にちりんシーガイア」が築城駅に臨時停車します。

また、航空祭の開始時間にあわせ、臨時特急「にちりん91号」が運転されます。この特急は博多駅発5時52分、小倉駅発6時52分、築城駅着は7時19分です。帰りの時間帯には、中津発の「にちりん92号」が運転され、築城駅発15時52分、小倉駅着16時19分、博多駅着17時10分で運転します。

普通列車では、行橋〜宇島間を中心に臨時列車の「築城基地航空祭号」を増発し、定期列車とあわせ、築城駅を約10分から20分おきに列車を運転します。

割引切符は、博多から築城までの往復の特急自由席利用が、通常の大人5,600円、子供2,780円から大人4,700円、子供2,350円となる「築城基地航空祭割引きっぷ」を販売します。

なお、築城駅ではSUGOCAなどの交通系ICカードが利用できるため、JR九州では事前にチャージするよう、呼びかけています。

期日: 2019/12/08

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ