JR西など関西5社、観光に便利な「冬の関西1デイパス」を発売

ニュース画像:冬の関西1デイパス - 「JR西など関西5社、観光に便利な「冬の関西1デイパス」を発売」
冬の関西1デイパス

©JR西日本

西日本旅客鉄道(JR西日本)と京阪電車、南海電鉄、近畿日本鉄道、大阪水上バスの5社が連携し、2019年11月1日(金)から2020年2月28日(金)までの期間、関西国際空港からも利用できる「冬の関西1デイパス」を販売しています。利用期間は、2019年12月1日(日)から2020年2月29日(土)の1日限り有効です。

このチケットはJR自由周遊区間内に加え、大阪水上バス「アクアライナー」、京阪グループの江若交通バスの指定区間が1日乗り放題になるほか、「びわ湖チケット」、「高野山チケット」、「奈良・西ノ京チケット」のいずれか1枚に引き換えできます。

「びわ湖チケット」は、京阪電車大津線1日乗り放題と琵琶湖汽船「ミシガン80」「南湖遊覧ボート」「竹生島クルーズ」「雪見船」のいずれかの乗車券がセットになっています。「高野山チケット」は、南海沿線の新今宮駅/高野山駅間の往復乗車券と南海りんかんバス高野山内1日乗り放題などがセット、「奈良・西ノ京チケット」は、近鉄電車の鶴橋駅または京都駅/フリー区間の往復乗車券と定期観光バス1回乗車がセットになっています。

JRの自由周遊区間内は関西空港を含め、新快速、快速を含む普通列車の普通車自由席を利用できます。関空発着の就航便を組み合わせ、全国各地から大阪、奈良、京都への観光などに便利です。なお、「冬の関西1デイパス」の料金は大人3,670円、子供1,830円です。

期日: 2019/11/01 〜 2020/02/29

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ