鉄道博物館、12月1日から「メリーてっぱクリスマス2019」開催

ニュース画像:SLクリスマストレイン - 「鉄道博物館、12月1日から「メリーてっぱクリスマス2019」開催」
SLクリスマストレイン

©鉄道博物館

鉄道博物館は2019年12月1日(日)から12月25日(水)まで、鉄道博物館クリスマスイベント「メリーてっぱクリスマス2019」を開催します。

このイベントでは、クリスマス特別ワークショップ、企画展「走るレストラン~食堂車の物語~」クリスマス特別展示&ガイドツアーなどを様々な企画を実施します。展示車両にこの季節ならではの「クリスマス」や「冬」に関連したヘッドマークを取り付けます。

クリスマス特別ワークショップ「みんなでクリスマストレインをつくろう」は、12月23日(月)、12月24日(火)、12月25日(水)の3日間、開催されます。キッズプラザ103トレインを装飾してみんなで特別な「クリスマストレイン」を作るもので、装飾した後は学芸員が「文化財保護」や、「車両設計・デザイン」について説明します。

対象は小学生以下、各日先着10組です。開催時間は13時30分から14時30分まで、各日11時30分から、本館1階キッズプラザ入口付近で整理券を配布します。

企画展「走るレストラン~食堂車の物語~」クリスマス特別展示&ガイドツアーは、開催中の同企画展で、日本が連合国軍に統治されていた昭和20年代に食堂車の中で行われたクリスマスパーティーの写真や、クリスマス限定の献立表など、非常に貴重な資料を期間限定で展示するものです。期間中の土休日には、これらの資料を展示解説員が説明する、企画展ガイドツアーが実施されます。

また、「鉄道ファン必見!『クリスマス・冬』関連ヘッドマーク取り付け」では、展示車両に普段は見ることができない特別なヘッドマークを取り付けます。C57形蒸気機関車は12月4日(水)から12月16日(月)まで「さよならSL(模造)」、12月18日(水)から12月25日(水)まで「SLクリスマストレイン」が取り付けられるほか、ED75形電気機関車には「北斗星トマムスキー」、183ランチトレインには「シュプール」、「新雪」が取り付けられます。

このほか様々なクリスマスイベントが予定されていますが、開催日は各イベントにより異なります。また、鉄道博物館は、通常火曜日は休館日ですが、12月24日(火)は開館します。

■メリーてっぱクリスマス2019
・クリスマス特別ワークショップ「みんなでクリスマストレインをつくろう」
・企画展「走るレストラン~食堂車の物語~」クリスマス特別展示&ガイドツアー
・鉄道ファン必見!「クリスマス・冬」関連ヘッドマーク取り付け
・館内に響くジングルベル~弁慶号鐘鳴らし体験~
・埼玉県立松伏高等学校合唱部によるクリスマスコンサート 2019
・てっぱクリスマスPUZZLE!!
・キッズライブラリーでメリークリスマス♪
・クリスマスオリジナルキャンドル作り体験
・きかんしゃトーマスのクリスマスキーホルダーをつくろう!

期日: 2019/12/01 〜 2019/12/25

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ