国交省、広島電鉄の新規ルートの特許交付 広島駅南口に高架で乗り入れ

ニュース画像:広島駅ビル外観イメージ - 「国交省、広島電鉄の新規ルートの特許交付 広島駅南口に高架で乗り入れ」
広島駅ビル外観イメージ

©JR西日本

国土交通大臣は2019年11月29日(金)、広島電鉄による広島駅南口延伸の軌道事業特許申請について特許し、中国運輸局長より申請者に対して特許状を交付しました。

広島電鉄では、駅前大橋から広島駅南口広場へ高架で進入する新規ルートを整備することとし、軌道法第3条の規定に基づく軌道事業特許申請を行っていました。11月29日(金)付けで申請のとおり特許することとなり、市内中心部と広島駅を結ぶ路面電車の乗車時間短縮等が図られます。

新規ルートの整備により、車と信号の影響が軽減されるため定時性が向上するほか、距離の短縮により速達性が向上し、中心部~広島駅間の乗車時分が約4分短縮される効果が期待されています。さらに、市内中心部の環状ルートが整備され、利用者の利便性が向上します。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ