名鉄、引退車両や駅などで使用されていた鉄道部品の即売会を開催

ニュース画像:名古屋鉄道 - 「名鉄、引退車両や駅などで使用されていた鉄道部品の即売会を開催」
名古屋鉄道

©RailLab ニュース

名古屋鉄道は2019年12月14日(土)、津島駅ビル2階の特設会場で「鉄道部品即売会2019」を開催します。

当日は、電車の吊り革などの小物部品や鉄道グッズを扱う「部品販売コーナー」、行先系統板、イラスト系統板、車両部品、行先表示器、掲示板などの鉄道部品を扱う「特選販売コーナー」、「鉄道部品オークション」などで、過去に活躍した引退車両の部品や、駅などで使用されていた名鉄電車ゆかりの品々を購入できます。

そのほか、上位正解者には鉄道に関する景品が贈られる「○×クイズ」の実施や、「『鉄道部品即売会2019』オリジナルキーホルダー」の販売が予定されています。オリジナルキーホルダーは1個500円で、なくなり次第販売終了となります。

期日: 2019/12/14

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ