知立駅、12月14日始発から仮駅舎に切り替え 北改札口も位置変更

ニュース画像:位置変更の概要 - 「知立駅、12月14日始発から仮駅舎に切り替え 北改札口も位置変更」
位置変更の概要

©名古屋鉄道

名古屋鉄道は2019年12月14日(土)の始発列車から、「知立駅付近連続立体交差事業」の高架本体工事に伴い、知立駅の北改札口側にある現駅舎を仮駅舎に切り替えて使用開始します。今回の切り替えに伴い、北改札口の位置が変わります。

愛知県では2010年から、知立市における鉄道による踏切渋滞や地域の分断を解消し、都市交通の円滑化、周辺市街地の生活環境や都市機能の向上を図るため、知立駅を中心とした名古屋本線と三河線の鉄道施設約4.3キロメートルを高架化する「知立駅付近連続立体交差事業」を実施しています。この事業により、市道知立中央通線と交差する踏切を始め10か所の踏切が除却される計画です。

期日: 2019/12/14から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ