高輪ゲートウェイ駅、「タッチしやすい改札機」や無人決済店を導入

ニュース画像:自動改札機のイメージ - 「高輪ゲートウェイ駅、「タッチしやすい改札機」や無人決済店を導入」
自動改札機のイメージ

©JR東日本

JR東日本は2019年12月3日(火)、2020年春に開業する予定の新駅「高輪ゲートウェイ駅」で展開する新サービスの概要を公表しました。

JR東日本は、高輪ゲートウェイ駅にグループ企業のさまざまな挑戦を盛り込み、最新の駅サービス設備の導入や実証実験など「新しいことをはじめる場所」とすることを計画しています。具体的には、AIを活用した案内ロボットやAIデジタルサイネージの試行導入、自律移動型の警備・清掃ロボットの導入や移動案内・広告ロボットの実証実験を予定しています。

車いすの乗客も利用しやすくするため、タッチ部分の形状を工夫した自動改札機が試行導入されます。この改札機は、QRコードによる改札機利用のモニター評価実験も行われる予定です。

駅構内の店舗は、無人AI決済店舗「TOUCH TO GO」が常設店として初めて誕生します。商品を手に取るだけでウォークスルーの買い物ができる無人AI決済技術が導入され、弁当、惣菜、菓子、飲料などが販売される予定です。

このほか、ブース型シェアオフィスや、常時周囲の喧噪音を計測し、変化に合わせて音量を聞き取りやすくする放送設備などの最新技術、太陽光パネル、小型風力発電機、膜屋根など環境技術も導入される計画です。

ニュースURL

溜まっていませんか、鉄道写真!?

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ