JR東日本、男鹿線を交流蓄電池電車「EV-E801系」で統一へ

ニュース画像:EV-E801系「ACCUM」 - 「JR東日本、男鹿線を交流蓄電池電車「EV-E801系」で統一へ」
EV-E801系「ACCUM」

©JR東日本

JR東日本秋田支社は、男鹿線に交流蓄電池電車ACCUM「EV-E801系」を追加投入し、現在運転しているキハ40形、キハ48系を置き換えると公表しました。

交流蓄電池電車ACCUM「EV-E801系」は、搭載した蓄電池によって交流電化区間と非電化区間を走行できる車両で、2017年3月から2両1編成を男鹿線に先行投入して営業運転を行っています。

今回の追加投入は、二酸化炭素削減による環境対策や、老朽化した気動車の取替えのためとしており、男鹿線の車両は「EV-E801系」に統一されます。追加投入時期は2020年度以降の予定です。

ニュースURL

あなたの貴重な写真、後世にのこしませんか?

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ