九州鉄道記念館、12月28日に展示SL「59634号」のすす払い

ニュース画像:すす払い イメージ - 「九州鉄道記念館、12月28日に展示SL「59634号」のすす払い」
すす払い イメージ

©九州鉄道記念館

福岡県北九州市門司区の門司港駅前にある九州鉄道記念館では、2019年12月28日(土)の13時から、展示車両の蒸気機関車、9600形「59634」号機の「すす払い」を行います。これは同館の見所であり全国から鉄道好きの方々が見に来る展示実物車両に、日ごろの感謝の意を込めて実施するものです。

9600形59634号機は、1922年に製造された車両です。北九州地区で最後まで走っていたSLで、「ゴクロウサン」の愛称で親しまれました。「すす払い」では、小学生以下の子供を対象に、スタッフと一緒に車両の動輪を磨きます。

募集人数は20名で先着順に受け付けます。小さな子どもは保護者の同伴が必要です。参加を希望する場合、開始予定時間に、59634号機の前に集合して受付できます。汚れてもよい服装、長袖、長ズボン、スニーカーで参加ください。なお、参加には、九州鉄道記念館の入館料、大人300円、小人150円が必要です。

期日: 2019/12/28

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ