東芝、JR東海HC85系に新型ハイブリッドシステムを納入

ニュース画像:HC85系 - 「東芝、JR東海HC85系に新型ハイブリッドシステムを納入」
HC85系

©東芝インフラシステムズ

東芝インフラシステムズは2019年12月12日(木)、JR東海の新型特急車両「HC85系」の試験走行車に、新開発の小型で高効率な新型ハイブリッドシステムを納入したと公表しました。今回のシステムでは、鉄道用として日本で初めて、モータと発電機に全閉式永久磁石同期機が同時に採用されています。

「HC85系」は、キハ85系気動車の置き換えのためにJR東海が開発した新型の特急車両で、エンジンで発電した電力とバッテリに貯めた電力を使用してモータを駆動するハイブリッド方式を採用しています。東芝インフラシステムズでは、HC85系にモータ、発電機、バッテリ、車両制御装置、主幹制御器を納入しています。

採用された全閉式永久磁石同期モータ(PMSM)と全閉式永久磁石同期発電機(PMSG)は高効率な回転機で、モータおよび発電機に開放型の誘導機を使用した従来型のシステムと比較して、エンジン出力を車輪に伝える効率が10%以上向上しています。今回採用されたPMSGは小型かつ高出力な新型が新たに開発され、日本で初めてモータと発電機に同時に採用することが可能となりました。

ニュースURL

撮り溜めた鉄道写真、整理しませんか?

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ