特急「あずさ」、3月ダイヤ改正で運転区間変更 一部で停車駅増加

ニュース画像:E353系 - 「特急「あずさ」、3月ダイヤ改正で運転区間変更 一部で停車駅増加」
E353系

©JR東日本

JR東日本は2020年3月14日(土)、各路線のダイヤ改正を実施します。この改正で、特急「あずさ」の運転区間と一部の停車駅を変更します。

ダイヤ改正以降は、塩山駅、山梨市駅、石和温泉駅に停車する特急「あずさ」が運行されます。3駅に停車する列車は、下り列車の「あずさ3号」と「あずさ55号」、上り列車の「あずさ16号」と「あずさ44号」です。

また、現在運行されている千葉発南小谷行きの特急「あずさ3号」は運転区間が変更され、千葉発松本行となるほか、新宿発南小谷行の特急「あずさ5号」が運行されます。

このほか、特急「あずさ」と特急「かいじ」の列車番号が通しで割り振られるよう変更されます。この変更により、現在運行されている列車「あずさ2号」の名称がなくなります。

期日: 2020/03/14から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ