中央快速線、早朝夜間の東京駅発着各停が消滅 輸送体系を変更

ニュース画像:中央快速線 - 「中央快速線、早朝夜間の東京駅発着各停が消滅 輸送体系を変更」
中央快速線

©RailLab News

JR東日本は2020年3月14日(土)、各路線のダイヤ改正を実施します。この改正で、早朝・夜間帯で中央線快速と中央・総武線各駅停車の輸送体系が変更となります。輸送体系の変更は、中央・総武線各駅停車のホームにホームドアの設置が実施されることによるものです。

中央線快速では現在、早朝・夜間帯で、東京駅を発着し中央・総武線各駅停車の区間を経由する運行を行っていますが、ダイヤ改正で終日快速運転に変更されます。これにより、御茶ノ水~三鷹間の所要時間が約8分短縮されます。

中央・総武線各駅停車では、ダイヤ改正で御茶ノ水駅での折返し運転を取り止め、三鷹~千葉間で終日直通運転を行います。

期日: 2020/03/14から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ