小田急、梅ヶ丘駅でホームドアの使用を開始

ニュース画像:梅ヶ丘駅 ホームドア - 「小田急、梅ヶ丘駅でホームドアの使用を開始」
梅ヶ丘駅 ホームドア

©小田急電鉄

小田急電鉄は、2019年12月15日(日)始発から梅ヶ丘駅の上下ホームで、ホームドアの使用を開始しました。このホームドア設置にあたっては、世田谷区からの補助を活用しています。

小田急電鉄では、2022年度までに、1日平均の利用が10万人以上の駅へ優先してホームドアを設置していくほか、その他の駅についてはホームの混雑状況等を踏まえ、具体的に検討を進めていくとしています。2019年度は、梅ヶ丘駅のほか、東北沢駅の1・2番ホーム、世田谷代田駅の1・2番ホームに設置しました。

なお、代々木上原駅については、2020年1月12日(日)に上りホーム、1月19日(日)に下りホームへそれぞれ設置し、2020年3月の運用開始を予定しています。同社では、日本一安全な鉄道会社を目指し、今後も、ホームドア設置をはじめとした各種安全対策について、国や自治体と連携しながら進めていくとしています。

期日: 2019/12/15から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ