東海道新幹線、全列車をN700Aに統一 「のぞみ12本ダイヤ」を開始

ニュース画像:りんたろうさんの鉄レコ写真 - 「東海道新幹線、全列車をN700Aに統一 「のぞみ12本ダイヤ」を開始」
りんたろうさんの鉄レコ写真

©りんたろうさん

JR東海は、2020年3月14日(土)に実施するダイヤ改正において、東海道新幹線「のぞみ」の1時間あたりの片道最大運転本数を2本増やし、12本とする「のぞみ12本ダイヤ」をスタートします。

「のぞみ12本ダイヤ」は、東海道新幹線の全列車が最高速度285キロメートルのN700Aタイプに統一されることによるもので、金曜日の夕方や、連休などの利用が集中する時間帯に、より多くの臨時「のぞみ」が運転可能となります。

また、東京~新大阪間の所要時間を最大で7分、平均で4分短縮し、全ての「のぞみ」が2時間30分以内で運転します。これにより、広島駅や博多駅など、山陽新幹線の「のぞみ」停車駅までの平均所要時間も短縮され、東京~博多間の定期「のぞみ」全列車が5時間以内での運行となります。

期日: 2020/03/14から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ