東武と日比谷線相互直通の座席指定制列車「THライナー」、6月から運行

ニュース画像:東武鉄道70000系ベースのTHライナー - 「東武と日比谷線相互直通の座席指定制列車「THライナー」、6月から運行」
東武鉄道70000系ベースのTHライナー

©東京メトロ

東武鉄道と東京メトロは、東武伊勢崎線と日比谷線相互直通列車で初の座席指定制列車の名称を「THライナー(ティーエイチライナー)」とし、2020年6月6日(土)に運行を開始します。

「THライナー」は、両社の相互直通運転に導入される座席指定制の列車で、通勤、通学、子ども連れの家族などが快適に都心へ移動するニーズに応えます。特に、利用希望の多い朝、夕夜間に、東武伊勢崎線の久喜駅~日比谷線の恵比寿駅間で運行します。なお、下り列車は日比谷線の霞ケ関駅発です。

THライナーは、東武線で速達性の高い列車を利用する場合に必要な北千住駅での乗り換えが不要で、東武線と日比谷線を通した初の速達性列車による相互直通運転です。

この列車愛称名の「TH」には、東武線「TOBU」と日比谷線「HIBIYA」を結ぶライナーだけでなく、東京都心「TOKYO」とホームまたは自宅「HOME」をダイレクトに結ぶ通勤ライナーの意味が込められています。車両は東武鉄道70000系をベースに、ロング・クロスシート転換車両70090型の新造車を使用します。

期日: 2020/06/06から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ