東上線の新駅、名称は「みなみ寄居<ホンダ寄居前>」 10月末開業

ニュース画像:駅名標のイメージ - 「東上線の新駅、名称は「みなみ寄居<ホンダ寄居前>」 10月末開業」
駅名標のイメージ

©東武鉄道

東武鉄道は、東上線で2020年秋に開業予定の新駅について、駅名、開業日を決定しました。

新駅は、東上線の東武竹沢~男衾間に設けられ、ホンダ埼玉製作所寄居完成車工場に隣接しています。今回、駅名は「みなみ寄居」、副駅名は<ホンダ寄居前>に決定し、開業日は2020年10月31日(土)です。

駅名の由来について東武鉄道は、寄居町の南側に位置する立地を分かりやすく表現、親しみを込めて「南」を平仮名で表記したと説明しています。副駅名については、国内外のホンダ関係者が多く利用することから「ホンダ」を盛り込み、利用者にとって分かりやすい名称を採用しました。

期日: 2020/10/31から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ