JR東日本、千葉県の観光復興を応援 イベントや産直市を開催

ニュース画像:お座敷列車「華」 - 「JR東日本、千葉県の観光復興を応援 イベントや産直市を開催」
お座敷列車「華」

©JR東日本

JR東日本千葉支社は、「地域とともに千葉県の観光復興を応援します!Part3」として、様々な観光PR、イベント、産直市などを実施します。

2019年12月30日(月)と12月31日(日)の2日間は、JR千葉駅で「歳末ちばのいち~新年の門出は千葉から~」を開催します。場所は中央改札外コンコースで、出店者は道の港まるたけ、飯塚海苔店、落花生の大和田、いまでや、新倉です。

また、2020年1月19日(日)と3月22日(日)の2日間は、房総エリアにしか出店していない地元で愛されている人気のパンを、ワイズマートペリエ稲毛海岸店で販売する復興応援イベント「パンの日」を開催します。このほか、1月22日(水)から1月25日(土)は、JR仙台駅で「千葉県観光物産展」、2月6日(木)から2月8日(土)はJR上野駅で「ちば産直市」を開催します。

地域と協力した千葉県の観光復興の応援では、ディーゼル車両で行く「臨時列車E130形で楽しむ内房線の魅力」、いすみ市の自然、グルメを体感する「外房線をお座敷列車で行く ONSEN・ガストロノミーウォーキングin美食の街いすみ」などの旅行商品を販売します。

このほか、「きらっせ~!!銚子オープンカードライブ」キャンペーンの開催に伴い、銚子市立双葉小学校の児童による、銚子電鉄やJR特急しおさい、オープンカーの塗り絵を銚子電鉄車内やJR銚子駅構内に展示します。

1月15日(水)から3月31日(火)までは、「房総の魅力発見キャンペーン」を実施します。千葉県内で鉄道に関係する写真を撮影し、JR東日本千葉支社「ちょっとひと息、房総休日。」公式Instagramアカウントをフォローのうえ、指定のハッシュタグをつけて写真を投稿すると、抽選で賞品がプレゼントされます。

また、1月17日(金)から3月1日(日)まで千葉県が開催する「ちば文化資産スタンプラリー」において、首都圏のJRの主な駅にポスター掲出やスタンプ台紙を設置する等の宣伝協力を行います。

期日: 2019/12/23 〜 2020/03/31

ニュースURL

撮り溜めた鉄道写真、整理しませんか?

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ