JR東日本、乗務員の睡眠改善システムを全乗務員区所に導入へ

ニュース画像:JR東日本 - 「JR東日本、乗務員の睡眠改善システムを全乗務員区所に導入へ」
JR東日本

©RailLab ニュース

JR東日本は、JR東日本メカトロニクスとNTTドコモ、ドコモ・ヘルスケアが共同で企画・開発した睡眠改善を実現させる支援ツール「睡眠改善システム」を一部乗務員区所に導入したと公表しました。

JR東日本は、乗務員のパフォーマンス向上やエラー防止を目的として、睡眠に対する意識向上を目指した教育や環境整備などを実施しています。今回導入されたシステムは、8週間のプログラムとなっており、ウェアラブルデバイスを装着して睡眠時間や睡眠の状態のデータを自動で取得し、タブレット端末やスマートフォンで日々の睡眠状態の記録および可視化が可能となっています。解析されたデータをもとに、個別の睡眠改善アドバイスをリアルタイムに配信し、睡眠習慣の振り返りをサポートすることで、乗務員の睡眠状態の改善をサポートします。

2019年12月時点では、首都圏の17箇所の乗務員区所に先行導入を実施しています。2020年4月以降、対象となる乗務員区所の拡大が予定されており、将来的には全84箇所の乗務員区所への展開を検討しています。また、JR東日本メカトロニクスでは今後、他事業者への本システムの展開に取り組むとしています。

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ