ウインドサーフィンワールドカップ横須賀・三浦大会、今年も京急が協賛

ニュース画像:第3回大会の様子 - 「ウインドサーフィンワールドカップ横須賀・三浦大会、今年も京急が協賛」
第3回大会の様子

©ANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀・三浦大会実行委員会

全日空(ANA)と京浜急行電鉄は、2020年4月17日(金)から4月22日(水)まで開催される「ANAウインドサーフィンワールドカップ横須賀・三浦大会(Fly! ANA Windsurfing World Cup YOKOSUKA MIURA Japan)」の実行委員を務めます。

ウインドサーフィンワールドカップの日本での開催は、2017年から4年連続で、2020年は津久井浜海岸と三浦海岸で開催されます。毎年ヨーロッパを中心に約10カ国を転戦するワールドツアーで、アジアでは韓国と日本で開催されます。

この大会では、世界トッププロ選手によるスラロームレースのほか、グルメイベントやウインドサーフィン&SUP体験会、海上観覧船、ステージイベントなどが予定されています。今年は、ウインドサーフィンになじみのない来場者も楽しめる大会とすべく、グルメイベントなどを同時開催し、6日間でのべ100,000人の観客動員をめざします。

期日: 2020/04/17 〜 2020/04/22

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ