京都鉄道博物館、JR四国の「志国高知 幕末維新号」を特別展示

ニュース画像:Tomo-Papaさんの鉄道フォト - 「京都鉄道博物館、JR四国の「志国高知 幕末維新号」を特別展示」
Tomo-Papaさんの鉄道フォト

©Tomo-Papaさん

京都鉄道博物館は、2019年11月30日(土)をもって運転を終了したJR四国の観光列車「志国高知 幕末維新号」を2020年1月28日(火)から3月1日(日)まで特別展示します。また、特別展示にあわせて入線シーンの公開など各種イベントも開催します。

京都鉄道博物館でJR四国所属の車両を展示するのは「瀬戸大橋アンパンマントロッコ号」に続き2回目となるもので、展示車両は「志国高知 幕末維新号」の「キクハ32-501」と「キハ185-20」です。展示場所は、本館1階「車両のしくみ/車両工場」エリアです。

「志国高知 幕末維新号」入線シーンの公開は、1月28日(火)11時ごろから30分程度実施されます。また、京都博物館の公式キャラクター「ウメテツ」のほか、JR四国のイメージキャラクター「すまいるえきちゃん」、高知県観光キャラクター「坂本龍馬」も参加します。

「志国高知 幕末維新号」車内の公開は、1月28日(火)13時30分から16時までと1月30日(木)と1月31日(金)、2月1日(土)から3月1日(日)までの土曜日、休日に各日11時から12時までと13時30分から16時まで実施されます。

地元高校生によるガイドの実施は、2月1日(土)の13時30分、14時30分、15時、15時30分から各回10分程度、車内で実施されます。「志国高知 幕末維新号」で車内販売やガイドを務めた高知県立伊野商業高校の生徒によるガイドが行われます。各回開始時間の30分前から、展示車両付近にて先着50名に整理券を配布します。

他にも、「よさこい」の実施や、高知の新たな観光列車「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」の紹介、パネル展「京都をかけぬけた坂本龍馬たち」の実施、高知県観光情報の紹介が行われます。

期日: 2020/01/28 〜 2020/03/01

ニュースURL

面倒な距離計算は必要ありません!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ