長崎本線、大村線、佐世保線、YC1系導入でスマートドアを使用へ

ニュース画像:YC1系 - 「長崎本線、大村線、佐世保線、YC1系導入でスマートドアを使用へ」
YC1系

©JR九州

JR九州長崎支社は、2020年3月14日(土)から、蓄電池搭載型ディーゼルエレクトリック車両YC1系を導入します。

新型車両YC1系では、サービス向上のため新しいドア方式となるスマートドアを導入しています。スマートドアは、乗客が乗降するドアのみ開閉できるシステムです。駅に到着しても列車のドアは自動では開かず、ドア横についているボタンを押すとドアが開閉します。

スマートドアを使える駅、路線は長崎本線と大村線、佐世保線の一部駅です。スマートドアを使える駅では全てのドアから乗り降りができます。大村線、佐世保線の一部駅ではスマートドアを使えない時間帯があり、その場合は従来通り先頭車両のドアからのみ乗り降りが可能です。

■スマートドアを使える駅
長崎駅、浦上駅、現川駅、肥前古賀駅、市布駅、喜々津駅、西浦上駅、道ノ尾駅、高田駅、長与駅、本川内駅、大草駅、東園駅、西諫早駅、諫早駅、岩松駅、大村駅、諏訪駅、竹松駅、早岐駅、佐世保駅

期日: 2020/03/14から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ