常磐線、「水戸の梅まつり」にあわせ偕楽園臨時駅を開設 2月15日から

ニュース画像:Tomo-Papaさんの鉄道フォト - 「常磐線、「水戸の梅まつり」にあわせ偕楽園臨時駅を開設 2月15日から」
Tomo-Papaさんの鉄道フォト

©Tomo-Papaさん

JR東日本水戸支社は2020年も、「水戸の梅まつり」にあわせ、偕楽園臨時駅を開設します。

開設日は、2月15日(土)から3月29日(日)までの、土、日、祝日の計16日間、時間は9時10分から15時30分です。停車する列車は、開設時間内の下り特急列車13本、普通列車16本で、3月7日(土)、3月8日(日)には、臨時快速列車も停車します。

そのほか、「水戸の梅まつり」開催に合わせ、3月6日(金)から3月8日(日)には「駅からハイキング」を実施するほか、首都圏からの往復のJRと入館券、食事がセットになった日帰り旅行商品を、オンライン限定で販売します。設定日は、2月15日(土)から3月29日(日)です。

また、4月26日(日)まで、茨城県内と、一部栃木県を含むフリーエリアが乗り降り自由となる「ときわ路パス」を販売中です。利用期間は、2月1日(土)から4月26日(日)の土休日です。

期日: 2020/02/15 〜 2020/03/29

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ