阪神、3月14日に全線ダイヤ改正 快速急行の運行時間帯を拡大

ニュース画像:ささきさちさんの鉄道フォト - 「阪神、3月14日に全線ダイヤ改正 快速急行の運行時間帯を拡大」
ささきさちさんの鉄道フォト

©ささきさちさん

阪神電気鉄道は、2020年3月14日(土)始発から全線のダイヤ改正を実施します。全線ダイヤ改正は、2016年3月以来、4年振りの実施となります。

主なダイヤ改正点は、近鉄線と直通運転している6両編成の快速急行を、土休日は8両編成に増やします。併せて、連結解放作業を取り止めることなどで、所要時分を平均4分短縮します。現在、快速急行が停車している芦屋駅は、駅の両端に踏切道があり、現状ではホーム延伸が困難であるため、土休日は終日通過となります。

また、快速急行の運行時間帯の拡大を実施します。平日は朝ラッシュに、快速急行を上下1列車増発するほか、夜間の神戸三宮発尼崎行き快速急行を大阪難波行きに区間を延長します。土休日は、夜間時間帯において、神戸三宮〜近鉄奈良駅間を直通運行する快速急行の運行時間帯を拡大します。

さらに、平日の朝ラッシュ時間帯において、上り普通を御影駅で区間特急と接続、西宮駅始発の上り急行2列車を青木駅始発の区間急行に変更させることにより、利便性の向上、駅の混雑緩和を図ります。

このほか、一部快速急行が平日の昼間時間帯で、今津駅にも停車するほか、平日・土休日の深夜時間帯において、西宮〜石屋川駅間の普通を1列車増発し、現行12分から21分の運行間隔を10分から15分間隔に短縮します。

期日: 2020/03/14から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ