東武鉄道、6050型リバイバル車両2編成目は野岩線と会津線に直通運転

ニュース画像:6000型リバイバル車両 - 「東武鉄道、6050型リバイバル車両2編成目は野岩線と会津線に直通運転」
6000型リバイバル車両

©東武鉄道

東武鉄道は2020年1月20日(月)、日光線全線開通90周年を記念し、旧6000型リバイバルカラーに塗装変更した6050型列車について、新たに1編成を塗装変更したと発表しました。

6000型リバイバル車両は、車両設備は6050型をそのままに、外装や座席モケットを車両更新前の6000型デザインを施した車両です。2019年11月30日(土)から6162Fの運転を開始し、現在1編成が南栗橋~東武日光・新藤原間を運転しています。

今回のリバイバル塗装車両となる6179Fは、2月11日(火)に実施する「6050型リバイバルカラー野岩線・会津線初乗り入れ直通臨時電車ツアー」から直通運転を開始し、2月12日(水)から通常運転で野岩鉄道、会津鉄道へ直通運転します。

期日: 2020/02/11から

ニュースURL

路線、駅など、すべて自動集計!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ