或る列車、 3月7日に門司港駅グランドオープン1周年記念ツアーを実施

ニュース画像:「或る列車」 - 「或る列車、 3月7日に門司港駅グランドオープン1周年記念ツアーを実施」
「或る列車」

©JR九州

JR九州が運行する「或る列車」は2020年3月7日(土)、「或る列車 × 門司港駅グランドオープン1周年記念ツアー」を開催します。1914年に創建された門司港駅は、1988年には鉄道駅として初めて国の重要文化財に登録され、約6年の保存修理を経て、2019年3月10日(日)にグランドオープンしました。

ツアーは添乗員の同行がない午前コースと、同行する午後コースがあります。午前コースは博多駅を10時52分頃出発し、12時49分頃門司港駅到着、解散です。車内ではNARISAWA"bento"、カクテルスイーツ、スープスイーツ、メインスイーツ、ミニャルディーズ、フリードリンクが提供されます。

午後のコースは11時から12時30分頃まで、みかど食堂でランチをし、フリータイムで門司港イベントを楽しんだ後、15時30分頃に門司港駅を出発し、17時11分に博多駅に到着します。車内ではカクテルスイーツ、スープスイーツ、メインスイーツ、ミニャルディーズ、フリードリンクが提供されます。

旅行代金は、午前コースが大人26,000円、こども24,000円で、代金には或る列車(スイーツコース+フリードリンク)、九州鉄道記念館入館料が含まれます。午後コースが大人31,000円、こども29,000円で、代金にはみかど食堂(ランチ)、或る列車(スイーツのみ+フリードリンク)、九州鉄道記念館入館料が含まれます。いずれも、こどもの旅行代金は10歳以上の小学生に適用され、10歳未満のこどもは乗車できません。

ツアーの申し込みはJR九州営業部法人旅行センター旅の予約グループで受け付けています。

また、門司港駅では、門司港ならではの「食」のお土産コーナー、ミニSLの運転、Nゲージの特別展示などのイベントが行われます。さらに、スペシャルおもてなしとして、先着100名限定で、成澤由浩シェフ監修スイーツが2階貴賓室で提供されます。時間は14時30分から、無くなり次第終了です。

期日: 2020/03/07

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ