JR東海、新型通勤電車「315系」導入へ 352両を新製

ニュース画像:315系のエクステリアイメージ - 「JR東海、新型通勤電車「315系」導入へ 352両を新製」
315系のエクステリアイメージ

©JR東海

JR東海は2020年1月22日(水)、新しい在来線通勤型電車「315系」を導入すると発表しました。新型電車は、JR東海の発足前後に導入された211系、213系、311系が更新期を迎えることから、これらの形式を置き換える目的で新製されるものです。

315系は、在来線車両で初めて非常走行用蓄電装置を搭載し、停電時などに最寄り駅まで走行可能なほか、車内防犯カメラを1両につき5箇所に設け、セキュリティを向上します。このほか、試験走行中の次期特急車両「HC85系」と同じ台車構造を採用、乗り心地向上を図ります。

デザインは、長く親しまれているコーポレートカラーのオレンジを配色し、前面は「直線を使用した幾何学的な形状」が採用されます。

2021年度から2025年度にかけて352両が新製され、名古屋・静岡都市圏を中心に、中央本線、東海道本線、関西本線等に順次投入される計画です。設備投資額は、約720億円です。

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ