南武線の平間駅踏切、「賢い踏切」導入で遮断時間短縮へ

ニュース画像:キイロイトリさんの鉄道フォト - 「南武線の平間駅踏切、「賢い踏切」導入で遮断時間短縮へ」
キイロイトリさんの鉄道フォト

©キイロイトリさん

JR東日本は2020年度末、南武線の平間駅構内にある「平間駅前踏切」で、下り列車に対する「踏切警報時間制御装置(賢い踏切)」を導入し、踏切の遮断時間短縮を図ります。

従来の踏切は、通過列車と停車列車が警報開始点を共用しているため、駅の前方に踏切がある場合、停車列車に対する遮断時間は減速や停車に要する時間分、通過列車に比べ長くなります。「賢い踏切」を導入し、通過列車と停車列車を判別、警報開始点を分離することで、踏切の遮断時間を短縮できます。

今回の改良により、朝の通勤時間帯1時間当たりで数分程度の改善効果が見込まれています。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ