阪神電気鉄道、一部駅でQRコードを用いた乗車券に関する実証実験を実施

ニュース画像:実証実験の概要 - 「阪神電気鉄道、一部駅でQRコードを用いた乗車券に関する実証実験を実施」
実証実験の概要

©阪神電気鉄道

阪神電気鉄道は、2020年3月から9月までの期間、QRコードを用いた乗車券に関する実証実験を行う予定です。

同社では、旅客の利便性向上や磁気券削減に向け、QRコードを用いた乗車券の導入を検討しています。実証実験は、一部の駅で同社関係者100名程度を対象に実施を予定しており、QRコードを用いた乗車券の実用性などに関する評価を行います。

具体的には、紙媒体又はスマートフォンでQRコード形式の乗車券を発券し、以下の駅のIC専用改札機に取り付けた2次元バーコードリーダに直接かざして入出場できるようにします。発見済みの乗車券の情報を登録することで、サーバーで乗車券の有効性を判定します。対象駅は、大阪梅田駅、野田駅、尼崎駅、西宮駅、神戸三宮駅の5駅です。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ