東芝、ドイツ鉄道貨物からハイブリッド機関車50両を受注

ニュース画像:ハイブリッド機関車完成イメージ - 「東芝、ドイツ鉄道貨物からハイブリッド機関車50両を受注」
ハイブリッド機関車完成イメージ

©東芝インフラシステムズ

東芝鉄道システム欧州は2020年1月23日(木)、ドイツ鉄道貨物(DB Cargo AG:DBC)からディーゼル電気ハイブリッド機関車50両の設計、製造、供給契約を受注しました。

この契約は、ディーゼル発電機で発電した電力や、バッテリーから電力を使用する駆動システムを搭載したハイブリッド機関車です。出力750キロワット(kW)のうち、120kWhのバッテリーには東芝が開発したリチウムイオン二次電池を、主電動機には高効率な永久磁石同期電動機を採用します。

従来のディーゼルエンジンのみを搭載した機関車と比べ、30パーセント以上の排出ガス低減を目指しているほか、高信頼性・高稼働率・省メンテナンスの実現を図ります。

製造はDBCのメンテナンスを手がけるロストック工場で行い、2021年から製造に向けた準備が開始される予定です。

ニュースURL

面倒な距離計算は必要ありません!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ