東武桐生線、阿左美駅移転に伴い営業キロを変更 3月14日

ニュース画像:阿左美駅 新駅舎 外観イメージ - 「東武桐生線、阿左美駅移転に伴い営業キロを変更 3月14日」
阿左美駅 新駅舎 外観イメージ

©東武鉄道

東武鉄道は、みどり市と連携して、東武桐生線の阿左美駅を新桐生駅側に約300メートル(m)移転する工事を進めており、新駅舎を2020年3月14日(土)始発から使用を開始します。あわせて、営業キロの変更が行われ、一部の区間で運賃が変更となります。

新駅舎は3月14日(土)始発から使用を開始し、現在の駅舎は新駅舎使用開始後に閉鎖して順次解体が行われます。

新駅舎の使用開始に伴い営業キロの変更が行われ、一部の区間で運賃が変更となります。移転前の営業キロは藪塚~阿左美間、阿左美~新桐生間がそれぞれ3.2キロメートル、1.7キロメートルとなっていますが、移転後の営業キロはそれぞれ3.4キロメートル、1.5キロメートルとなります。

運賃が変更となる駅があり、普通旅客運賃が変更となる駅は久喜駅、田島駅、治良門橋駅、川間駅、柏駅、定期旅客運賃が変更となる駅は合計27駅です。移転日前に購入された乗車券は、有効期間が移転日後に有効なものはそのまま利用可能です。

期日: 2020/03/14から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ