立川駅周辺エリアで「立川おでかけアプリ」を用いたMaaS実証実験

ニュース画像:実証実験の概要 - 「立川駅周辺エリアで「立川おでかけアプリ」を用いたMaaS実証実験」
実証実験の概要

©JR東日本

小田急電鉄とJR東日本は、ヴァル研究所と協力して「立川おでかけアプリ」を使用した立川駅周辺エリアにおけるMaaSの実証実験を2020年1月31日(金)から開始しています。

実証実験は、東京都が公募した「MaaS の社会実装モデル構築に向けた実証実験」として実施するもので、鉄道とバスのリアルタイム運行データを用いた経路検索ができる「リアルタイム検索」と、公共交通や沿線施設を利用できる「電子チケット」を1つのアプリで提供します。

「リアルタイム検索」機能は、中央線の東京~甲府間、南武線、小田急グループの
立川バスについて、遅れが発生した際にその遅れを加味した検索結果を表示します。「事業主体が異なる鉄道とバスのリアルタイム運行データを同時に用いた経路検索の提供」は日本初の取り組みとなっています。

「電子チケット」機能は、多摩モノレールの1日乗車券と多摩動物公園入園券のセット券「Enjoy!!たまもの・TAMA-ZOO パス」と立川バス1日乗車券「1Day 立パス」を発売します。これらの電子チケットは、アプリに登録したクレジットカードを用いて購入することができ、アプリ内の所定の画面を、駅やバス車内、多摩動物公園入り口等で提示することで使用できます。

期日: 2020/01/31 〜 2020/03/13

ニュースURL

あなたの貴重な写真、後世にのこしませんか?

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ