サンフレッチェ広島応援ラッピングトレイン、お披露目式典を開催

ニュース画像:デザイン、イメージ - 「サンフレッチェ広島応援ラッピングトレイン、お披露目式典を開催」
デザイン、イメージ

©JR西日本

広島県観光連盟とJR西日本は2020年2月19日(水)から、「サンフレッチェ応援ラッピングトレイン」を運転します。サンフレッチェ広島を地域の人たちと応援するプログラムとして展開し、運行に先立ち、お披露目式典を開催します。ラッピングトレインに合わせ、サンフレッチェ広島の吉田練習場最寄り駅である芸備線向原駅でも装飾が予定されています。

このラッピングトレインは2月19日(水)から2021年1月中旬ごろまで走行する予定です。キハ40系1両の2編成で、いずれも同じデザインが採用されます。運転線区は広島駅〜三次駅間の芸備線、山口線、岩徳線、下関駅〜益田駅間の山陰線ですが、この区間は変更する場合もあります。

式典は2月15日(土)11時開始で、広島駅の7番のりばが会場です。当日は、11時7分から11時55分ごろまで、7番のりばでラッピングトレイン1編成が展示されます。広島駅7番のりばへの入場には、入場券が必要です。

式典には、広島市の松井市長をはじめ、安芸高田市の浜田市長、広島県商工労働局長の佐伯局長、サンフレッチェ広島の仙田社長、さらにサンフレッチェ広島のもりさきこうじアンバサダーとマスコットのサンチェも参加します。式典では、もりさきアンバサダーとサンチェによる車両へサインも予定されています。

期日: 2020/02/15

ニュースURL

溜まっていませんか、鉄道写真!?

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ