西鉄、2月12日から新宮町の魅力を発信するラッピング電車を運行

ニュース画像:ラッピング電車「さんくすしんぐう」 - 「西鉄、2月12日から新宮町の魅力を発信するラッピング電車を運行」
ラッピング電車「さんくすしんぐう」

©西日本鉄道

西日本鉄道と新宮町おもてなし協会は、2020年2月12日(水)から西鉄貝塚線でラッピング電車「さんくすしんぐう」を運行します。両者は、新宮町の魅力発信および貝塚線の利用促進を目的として、これまでにもラッピング電車の運行やキャンペーンを実施しており、ラッピング電車の運行は第2弾となります。

ラッピング電車「さんくすしんぐう」は、外装に新宮町の特産品の立花みかんやいちご、観光名所の立花山をモチーフにしたキャラクターを、車内の座席には猫を描き、新宮町の魅力を詰め込んだ色鮮やかなデザインの車両です。ネーミングには、国の特別記念物で新宮町の町木「クス」と、町や山、海を温かく照らす太陽(SUN)を組み合わせています。

車両編成数は600形2両1編成で、運行区間は鉄貝塚線の貝塚駅〜西鉄新宮駅間です。運行第1便は2月12日(水)の貝塚駅10時47分発西鉄新宮行きで、貝塚電車営業所長による出発合図と、運行を記念して招待された新宮保育園の園児約35名が乗車しました。また、第1便の乗車客には新宮町と西鉄電車のオリジナルグッズがプレゼントされました。

期日: 2020/02/12から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ