JR東日本旅行券が4月末に廃止、5月から払戻し対応

ニュース画像:旅行券イメージ - 「JR東日本旅行券が4月末に廃止、5月から払戻し対応」
旅行券イメージ

©JR東日本

JR東日本は2020年4月30日(木)、前払式支払の「JR東日本旅行券」を廃止します。これを受け、5月1日(金)から2021年11月30日(火)まで、JR 東日本旅行券の払戻しが実施されます。ただし、「びゅう商品券」はこれまでどおり使用でき、払戻しの対象ではありません。

JR東日本旅行券は、1,000円、5,000円、10,000円、50,000円で、有効期間や期限は無期限に設定されていました。払戻しは東京駅丸の内北口、品川駅などびゅうプラザとびゅうプラザ訪日旅行センターの25カ所、みどりの窓口のうち甲府駅、宇都宮駅、水戸駅の3箇所です。

このうち、みどりの窓口では10万円以下の払戻しのみの対応となります。詳しい手続きなどは、JR東日本の旅行券の廃止と払戻し専用のウェブサイトで、手続きの詳細を紹介しています。

■払戻し対応箇所
<びゅうプラザ/びゅうプラザ訪日旅行センター>
東京駅(丸の内北口)、品川駅、新宿駅(東口)、池袋駅(西口)、上野駅、柏駅、横浜駅、川崎駅、立川駅、吉祥寺駅、大宮駅、高崎駅、船橋駅、錦糸町駅、仙台駅、福島駅、山形駅、会津若松駅、盛岡駅、青森駅、一ノ関駅、八戸駅、秋田駅、新潟駅、長野駅
<みどりの窓口>
甲府駅、宇都宮駅、水戸駅

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ