JR西日本、運行状況を知らせる路線図の対象エリアを拡大

ニュース画像:列車走行位置サービス イメージ - 「JR西日本、運行状況を知らせる路線図の対象エリアを拡大」
列車走行位置サービス イメージ

©JR西日本

JR西日本は2020年2月20日(木)、異常時情報提供ディスプレイの対象言語と、ホームページで運行状況を知らせる路線図の対象エリアを拡大しました。

異常時情報提供ディスプレイの主な文字部分について、英語に加え、新たに中国語の繁体と簡体、韓国語を追加したほか、路線図の対象エリアに、岡山・福山エリア、広島・山口エリア、山陽新幹線、北陸新幹線を追加、スマートフォンでも運行状況が確認できるようになりました。

また、2月28日(金)から、列車走行位置サービスの対象路線も拡大します。近畿エリアでは和歌山線の王寺〜五条と、万葉まほろば線の奈良〜高田、山陰エリアでは因美線の鳥取〜智頭を新たに追加します。

期日: 2020/02/20から

ニュースURL

面倒な距離計算は必要ありません!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ