大阪メトロと住友商事、トンネル内5G基地局シェアリングの実証実験

ニュース画像:5G共用アンテナ設置イメージ - 「大阪メトロと住友商事、トンネル内5G基地局シェアリングの実証実験」
5G共用アンテナ設置イメージ

©住友商事

大阪メトロと住友商事は、5G基地局の地下空間での2021年度中の実用化を目指し、御堂筋線なんば~心斎橋間で実証実験を2020年10月から実施する予定です。5G基地局シェアリングの実証実験を鉄道トンネル内で実施するのは日本初です。

次世代通信技術の5Gは、さまざまな産業での活用が期待されていますが、周波数の特性上、従来より多くの基地局設置が必要です。現在は関東地域で特に地上の基地局整備が先行しており、5Gサービスの展開にはその他地域や地下へ基地局を整備する必要があります。

実証実験では、御堂筋線なんば~心斎橋間の鉄道トンネルおよび駅構内などに5G基地局を設置し、複数の携帯電話事業者向けに基地局をシェアリングします。高低差などによって電波が遮断されやすい鉄道トンネルでは、基地局間の接続性を検証するほか、車内や駅構内の映像を5Gでリアルタイムに伝送し、防犯や混雑状況の把握に活用することが可能か検証します。

大阪メトロは基地局の設置場所の提供、ラックや電源、光ファイバー回線といった基地局の土台となるネットワークの構築などを、住友商事は5G共用アンテナシステムなどの開発と調達を担当します。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ