JR東日本、山形新幹線に新型「E8系」導入 300km/h運転へ

ニュース画像:山形新幹線用E8系、外観イメージ - 「JR東日本、山形新幹線に新型「E8系」導入 300km/h運転へ」
山形新幹線用E8系、外観イメージ

©JR東日本

JR東日本は2020年3月3日(水)、山形新幹線に新型車両の「E8系」を導入し、東北新幹線の宇都宮~福島間はE5系と併結して時速300キロメートルの運転を目指すと発表しました。

新造が公表されたE8系新幹線車両は7両編成で、2022年9月以降に落成し、2026年春までに17編成が落成する予定です。運転開始時期は2024年春の予定です。山形県出身の工業デザイナー奥山清行氏が代表を務めるKEN OKUYAMA DESIGNの監修のもと川崎重工業がデザインを担当し、「豊かな風土と心を編む列車」をコンセプトとしています。

車体カラーは現在、山形新幹線で運行しているE3系に使用されている「おしどりパープル」「蔵王ビアンコ」「紅花イエロー」を採用しています。スーツケース対応の大型荷物置場を全号車に設置するほか、電源コンセントを全席に設置するなど、サービス設備を充実させます。

また、輸送障害時のダイヤ復旧時間短縮を目的に、福島駅アプローチ線の新設工事に着手することがあわせて公表されています。現在は単線で上下共用のアプローチ線のため、2度の平面交差が発生していますが、新設により解消され、上下のつばさ号が同時発着可能となります。使用開始は2026年末の予定です。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

  • ニュース画像:山形新幹線用E8系、外観イメージ

    山形新幹線用E8系、外観イメージ

    ©JR東日本

  • ニュース画像:グリーン車、室内イメージ

    グリーン車、室内イメージ

    ©JR東日本

  • ニュース画像:普通車、室内イメージ

    普通車、室内イメージ

    ©JR東日本

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ