モバイルPASMOサービス、3月18日スタート

ニュース画像:モバイルPASMO イメージ - 「モバイルPASMOサービス、3月18日スタート」
モバイルPASMO イメージ

©PASMO協議会

PASMO協議会は2020年3月18日(水)10時、モバイルPASMOサービスを開始します。

対応端末は、Androidスマートフォンで購入時にAndroid6.0以上がインストールされ、最新版のおサイフケータイアプリがインストールされている機種です。対応端末にモバイルPASMOアプリケーションをインストールすると、従来のカード式PASMO同様に、電車やバスの交通利用や電子マネーでの支払いができます。

さらに、本人名義のクレジットカードを登録すると、定期券の購入やチャージが可能です。定期券は、乗車駅がモバイルPASMO定期券発売事業者であれば、途中の経路、降車駅がモバイルPASMO定期券非発売事業者でも、連絡定期券の購入が可能です。

モバイルPASMOでは、残額や履歴、バスをお得に利用できる「バス特」のポイントやチケットなどの情報も、端末の画面で確認できます。

■モバイルPASMO定期券発売事業者
<鉄道事業者19社局>
小田急電鉄、京王電鉄、京成電鉄、京浜急行電鉄、埼玉高速鉄道、相模鉄道、首都圏新都市鉄道、新京成電鉄、西武鉄道、千葉都市モノレール、東急電鉄、東京地下鉄、東京都交通局、東武鉄道、北総鉄道、ゆりかもめ、横浜高速鉄道、横浜市交通局、横浜シーサイドライン

<バス事業者16社局>
江ノ電バス、小田急バス、川崎市交通局、川崎鶴見臨港バス、関東バス、京王電鉄バス、京成バス、西武バス、相鉄バス、立川バス、東急バス、東京都交通局、東洋バス、西東京バス、日立自動車交通、横浜市交通局

期日: 2020/03/18から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ