高輪ゲートウェイなど山手線全駅の駅名標ティッシュケースカバーが登場

ニュース画像:高輪ゲートウェイ ティッシュケースカバー - 「高輪ゲートウェイなど山手線全駅の駅名標ティッシュケースカバーが登場」
高輪ゲートウェイ ティッシュケースカバー

©ヘミングス

2020年3月14日(土)に暫定開業する山手線、高輪ゲートウェイ駅を含む駅名標を再現したティッシュケースカバーが3月12日(木)から販売が開始されます。ヘミングスが展開するティッシュボックスのカバーブランド「tente (テンテ)」が山手線とコラボレーションしたもので、高輪ゲートウェイ駅を含む全30駅の駅名標のカバーです。

「高輪ゲートウェイ」のフォントは、先日報道陣に公開されたホームに設置された駅名標と同じく新ゴで、駅建物の外や駅構内の上に掲示されている明朝体ではありません。

山手線は30駅あり、最寄り駅、なじみの駅、思い出の駅、あえて行ったことがない駅など、購入にあたりどの駅を選ぶかも楽しめる数が用意されており、ティッシュカバーの表は内回り、裏は外回りになっています。

また、「JR山手線」を意味する路線番号「JY」や、各駅にふられた数字2桁の駅番号も忠実に再現されており、新宿「SJK」、秋葉原「AKB」など、多くの路線が乗り入れる駅にアルファベット3文字のスリーレターコードがふられ、普段はあまり気にして見ることのないディテールも注目されます。

価格は税抜1,600円で、サイズは幅26センチメートル(cm)、高さ6.2cm、奥13cm、素材は綿です。商品はコンシェルジュ・オンラインストア、または楽天市場で購入できます。

期日: 2020/03/12から

ニュースURL

あなたの貴重な写真、後世にのこしませんか?

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ