南海・大阪メトロ、「堺・百舌鳥古墳群世界遺産きっぷ」発売

ニュース画像:堺・百舌鳥古墳群世界遺産きっぷ - 「南海・大阪メトロ、「堺・百舌鳥古墳群世界遺産きっぷ」発売」
堺・百舌鳥古墳群世界遺産きっぷ

©南海電鉄

南海電気鉄道、大阪メトロ、大阪シティバスは2020年3月20日(金・祝)から、「堺・百舌鳥古墳群世界遺産きっぷ」を販売します。

このきっぷは、2019年に世界文化遺産に登録された「百舌鳥・古市古墳群」の仁徳天皇陵古墳などを擁する堺エリアへのおでかけに便利なきっぷで、南海本線の難波~堺間と高野線の汐見橋~中百舌鳥間が1日フリーで乗車できる「南海版」と、この区間に加えて大阪メトロと大阪シティバスの全線が乗り放題の「大阪メトロ版」が用意されています。

きっぷの呈示で堺市博物館と大仙公園 日本庭園を無料で利用できるほか、堺市内の各施設でも様々な特典を受けられます。 「南海版」は難波駅、新今宮駅、天下茶屋駅で発売が行われ、価格は大人700円、小児350円です。「大阪メトロ版」は全駅の駅長室、新大阪、梅田、なんばの案内カウンター、梅田、なんば、天王寺の駅構内定期券発売所で、大人のみで1,200円での発売です。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ