JR東、武蔵小杉駅の下りホーム新設工事に着手 混雑緩和対策で

ニュース画像:横浜側からのイメージ - 「JR東、武蔵小杉駅の下りホーム新設工事に着手 混雑緩和対策で」
横浜側からのイメージ

©JR東日本

JR東日本横浜支社は2020年4月、横須賀線武蔵小杉駅の混雑緩和に向け、下りホーム新設工事に着手します。この工事は、武蔵小杉駅の抜本的な混雑緩和対策として、下りホーム新設の計画を進め、設計が進捗し、ホーム新設で国の認可が得て着工します。

新たな下りホームは、ホーム長が15両編成対の311メートル、基本幅員約5メートルで、エレベーター1基、エスカレーター2基、階段2箇所を備えます。コンコースは、新下りホームへのエレベーター、エスカレーター、階段への通路となる部分を拡張します。

既設ホームは上り専用ホームとし、新下りホーム利用開始後、現在の下り線側には柵が設置されます。新下りホームの利用開始予定は、2022年度末頃の予定です。

これまで同駅では、駅や駅周辺の混雑緩和・安全性向上のため、2018年度に新南改札付近へ入場専用臨時改札とエスカレーターの設置、南武線下りホームの一部拡幅を実施しました。また、2019年度には横須賀線ホームにスレッドラインおよび転落防止注意喚起センサーを整備しています。

ニュースURL

撮り溜めた鉄道写真、整理しませんか?

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ