JR九州、優先席に「ヘルプマーク」ステッカーと啓発ポスター掲出

ニュース画像:啓発ポスター - 「JR九州、優先席に「ヘルプマーク」ステッカーと啓発ポスター掲出」
啓発ポスター

©JR九州

JR九州は2020年4月から、快速列車、普通列車の優先席付近に、「ヘルプマーク」ステッカーと啓発ポスターを掲出します。

「ヘルプマーク」とは、義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮が必要としていることを周囲に伝えるマークです。また、「ヘルプカード」も同様の目的で身に付けられています。

車内へのステッカーやポスターの掲出は、援助や配慮を必要としている利用者が、これまで以上に安心して鉄道を利用できる環境づくりを推進するための取り組みです。

JR九州は、「ヘルプマーク」や「ヘルプカード」を持つ方を見かけた際には、困っている様子の方には積極的に声をかける、席を譲るなどして欲しいと、理解と協力を呼びかけています。

期日: 2020/04/01から

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ