名鉄、「昇龍道フリーバスきっぷ」をリニューアル 利用可能な路線を追加

ニュース画像:昇龍道フリーバスきっぷ - 「名鉄、「昇龍道フリーバスきっぷ」をリニューアル 利用可能な路線を追加」
昇龍道フリーバスきっぷ

©名古屋鉄道

名古屋鉄道は2020年4月1日(水)、昇龍道エリアの観光拠点を結ぶ高速バスと路線バスのフリーきっぷと、空港アクセス片道乗車券2枚をセットにした「昇龍道フリーバスきっぷ」をリニューアルしました。

このきっぷは、2014年1月の発売から、台湾や香港など、東アジア諸国を中心に多くの訪日外国人旅行者に利用されているものです。

今回のリニューアルでは、「松本・馬籠・駒ヶ根コース」の名称を「松本・馬籠・日本アルプスコース」に変更、それ以外の「高山・白川郷・金沢コース」、「ワイドコース」も含めた全3コースにおいて利用可能な路線を追加し、外国人旅行者の利便性を高めるとともに、販売価格を一部改定しました。

「高山・白川郷・金沢コース」の価格は、8,500円から、4月から11月は9,000円、12月から3月は10,000円に、「松本・馬籠・日本アルプスコース」の価格は、7,000円から8,000円に改定されました。ワイドコースは14,000円のまま、変更ありません。

期日: 2020/04/01から

ニュースURL

全国走破めざしませんか!?

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ