広電、広島交響楽団応援企画「広響電車」 2020シーズンの運行開始

ニュース画像:外装デザイン - 「広電、広島交響楽団応援企画「広響電車」 2020シーズンの運行開始」
外装デザイン

©広島電鉄

広島電鉄は2020年4月3日(金)から、広島交響楽団応援企画の一環として、「広響電車」を運行しています。

該当の車両は、5100形「グリーンムーバーマックス」の5110号で、車体外装には広島交響楽団のロゴや年間メッセージ「“讃”~平和を讃えて~」と書かれた装飾のほか、指揮者やオーケストラの写真などが掲載されています。また、内装デザインには、今シーズンから公演日程一覧が壁面に施されています。

運行路線は主に1号線の、広島駅~紙屋町東~広島港間です。運行時刻は毎日変わり、車両整備のため、運行しない日があるほか、都合により他の路線を運行する場合があります。1号線で運行する場合、車内放送として楽団員によるメッセージが車内アナウンスで流れます。運行期間は2021年4月までの予定です。

期日: 2020/04/03から

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ