JR貨物、2019年度の輸送実績は前年増 西日本豪雨の影響が回復

ニュース画像:JR貨物 - 「JR貨物、2019年度の輸送実績は前年増 西日本豪雨の影響が回復」
JR貨物

©RailLab ニュース

JR貨物は2020年4月15日(水)、2019年度輸送実績の速報値を公表しました。コンテナは前年から2パーセント(%)の増加、車扱は2%の減少となり、合計で1%の増加となっています。

コンテナは、2019年10月に発生した台風19号の接近により大きな影響を受けたものの、2018年に相次いで発生した西日本豪雨、台風21号、北海道胆振東部地震等の災害の影響もあり、多くの品目で前年を上回る結果でした。

中でも、エコ関連物資は関東地区内での建設発生土の輸送が順調に推移したほか、自動車部品が東海・九州地区間での新規輸送開始に伴い好調に推移しました。また、積合せ貨物は九州発着貨物が大きく反動増となったほか、各地で鉄道シフトが進んでいることも併せて好調な要因となりました。

一方、紙・パルプは国内需要減少により低調に推移したほか、食料工業品は生産拠点の変更等に伴い前年を下回る結果となり、コンテナ全体では前年比102.4%でした。

車扱は、消費税増税後の反動や、暖冬により石油の需要が落ち込んだため、低調な荷動でした。

なお、2020年4月以降は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、 4月13日(月)までの速報値で対前年を下回る状態となっており、JR貨物は、今後影響が拡大し、輸送量が大幅に減少することが懸念されています。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ